トピックス

  • 新製品
  • 2024.04.26

安中市熊ノ平駐車場にて循環型トイレ共用開始となりました

安中市松井田町坂本地区 国道18号(旧道)碓氷峠にあります熊ノ平駐車場にて、(一社)水土の技術研究協会の土壌ブロック多段積みを活用した循環型トイレ(未来くるBOX Bタイプ)を設置し、共用が開始されました。おそらくこの未来くるBOXが、循環型の水洗トイレとして水質・衛生面において、国内ではトップクラスのクオリティを誇るトイレです。交通の要所として古くは江戸時代から利用されてきた碓氷峠、近年ではめがね橋を含め鉄道遺産としても多くの観光客の方々も訪れる場所でもあります。そのような場所に清潔に安心して利用できる水洗トイレとして利用されることはありがたいことです。

一方で、移設可能な循環型水洗トイレとしても活用できるため、防災トイレとしても利用可能です。有事の際には特に水質・衛生面が重要になってきます。水土の技術を活用した未来くるBOXは、特に有事の際に「いかに清潔に使えるトイレにできるのか」をこだわって開発をしてきました。

電気も水道もないところへのトイレ設置を検討される際は、是非、㈱赤城商会  本社営業部まで声をかけてください。

(一社)水土の技術研究協会 WEBサイトはこちらですhttps://www.suido-tech.or.jp/

チラシA4(未来くるBOX) パンフレット1 パンフレット2 未来くるBOX タイプ別 

  • メディア情報
  • 2022.09.05

循環型・自己完結型トイレ「未来くるBOX」プレスリリース記事です

トイレ先進国日本の自己完結型トイレ「未来くるBOX」プレスリリースに関する記事抜粋しました。インフラ未整備地域や災害時においてもだれもが使いやすい水洗トイレ「未来くるBOX」。普段から利用できる水洗トイレでもあります。詳細はこちらになります。https://akagi-sk.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2022/07/43df8b77ae08f65baa8ace315c8b6996-scaled.jpg

プレスリリース一覧(全てではありません。共同通信社、朝日新聞デジタル、上毛新聞、週間エコノミスト)

https://www.kyodo.co.jp/pr/2022-08-31_3714421/

https://www.asahi.com/and/pressrelease/422203683/

https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/168257

https://prw.weekly-economist.com/releasedetail_202208305663

 

 

 

  • メディア情報
  • 2021.10.30

日経BPメガソーラービジネス掲載 イノシシ侵入対策 「猪ふまず」

フェンスを守る新・イノシシ対策、蹄にネットが絡まり嫌気!当社も販売を行っている、「猪ふまず」掲載記事です。日経BPメガソーラービジネスに掲載。太陽光発電所もまたイノシシに悩まされている太陽光発電所は多い。フェンスの下の地面を掘って容易に敷地に入り込んでしまう。そんな課題を「猪ふまず」*(特許技術)が解決します。地面から少し浮かせてアーチを作りながら設置をするメッシュ状の樹脂ネット。イノシシ・シカの蹄の真ん中の太く尖った2又の蹄でつま先立ちの状態で、蹄を地面に食い込ませながら移動し、そこに「猪ふまず」のネットがはまり込み抜けなくなるのを本能的に忌避する修正を活かしています。詳しくは記事を御覧ください。*特許技術:中国電力グループのエネルギアL&Bパートナーズ(広島市)猪ふまず日経BP記事

製品資料はこちらですhttps://akagi-sk.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2021/07/df58646be3a1aa64055b602199d730ce.pdf

  • お知らせ
  • 2021.06.02

ガーディアンⅡ 不等厚組立式ブロックとしてNETIS登録SK-210001-A

組立式大型ブロック「ガーディアンⅡ」が不等厚組立式ブロックとして、NETIS登録となりました。天候や自然環境に左右されない、ブロック積みによる高品質な施工が可能になります。型枠の組立、解体作業がなく工期短縮が図れます。廃材等、産業廃棄物が発生しない環境に優しいです。詳しくはこちらを御覧ください。https://www.netis.mlit.go.jp/netis/pubsearch/details?regNo=SK-210001%20

カタログはこちらです。

https://akagi-sk.co.jp/catalog/download/guardian2.pdf

 

  • 新製品
  • 2021.01.12

小規模落石対策 SRフェンス施工完了しました。

安中市建設部土木課発注案件:市道9112号線 小規模落石対策SRフェンスの施工が完了しました。既存法面の表層堆積土の小規模崩落、小規模の落石が見られる現況におきまして、道路谷側が妙義湖となっていることから、観光用道路として地元住民以外の往来も頻繁にある市道上の採用事例です。

採用理由:道路幅も場所によっては狭くなっており、土のうでは耐候性がなく、幅広なため、維持管理が           日常的に必要になってきてしまい、また、木柵では強度と耐用年数が確認できない。そういった課題を、SRフェンスは解決できるということで、採用いただきました。今回の施工日数は約2日間。

製品のカタログはこちらからダウンロードできます。

https://akagi-sk.co.jp/catalog/download/srfence.pdf

  • 新製品
  • 2020.09.12

砂防堰堤ウォールが新たにラインナップに加わりました!

自立式砂防堰堤型枠ブロック 砂防堰堤ウォール工法 NETIS・KK-050016-A (一財)砂防・地すべり技術センター 建設技術審査証明取得第1102号各勾配専用設計の自立型プレキャストブロック。砂防堰堤ブロック1段分の直高がすべて1.5mになるように設計されております。堤体コンクリート打設高も1.5mが確保できます。詳しくは、弊社開発営業部までお問い合わせください。カタログはこちらになりますhttps://akagisk.co.jp/catalog/download/netiskk050016a.pdf

  • お知らせ
  • 2019.01.30

STKネット工法研究会 入会しました

高耐久STKネット

鉄芯のないポリエステル100%の亀甲網

耐候性に優れ、軽く、錆びず、強度があるという、金網には無い利点をもつ素材を東レ・モノフィラメントが開発。紫外線に強く60年以上の耐久性があり維持管理が顕現される。軽量540g~560g/㎡。金網の1/5と軽量の為人力運搬が可能。強度は一般的金網17kn(Φ3.2mm)に対しSTKネットは45kn以上。耐破網製、亀甲型2回捻りで編んでいるため連続破網しない。立ち木利用で簡易的に防災対策が可能。

もっと見るLoading...

Page top