トピックス

  • 新製品
  • 2024.04.26

安中市熊ノ平駐車場にて循環型トイレ共用開始となりました

安中市松井田町坂本地区 国道18号(旧道)碓氷峠にあります熊ノ平駐車場にて、(一社)水土の技術研究協会の土壌ブロック多段積みを活用した循環型トイレ(未来くるBOX Bタイプ)を設置し、共用が開始されました。おそらくこの未来くるBOXが、循環型の水洗トイレとして水質・衛生面において、国内ではトップクラスのクオリティを誇るトイレです。交通の要所として古くは江戸時代から利用されてきた碓氷峠、近年ではめがね橋を含め鉄道遺産としても多くの観光客の方々も訪れる場所でもあります。そのような場所に清潔に安心して利用できる水洗トイレとして利用されることはありがたいことです。

一方で、移設可能な循環型水洗トイレとしても活用できるため、防災トイレとしても利用可能です。有事の際には特に水質・衛生面が重要になってきます。水土の技術を活用した未来くるBOXは、特に有事の際に「いかに清潔に使えるトイレにできるのか」をこだわって開発をしてきました。

電気も水道もないところへのトイレ設置を検討される際は、是非、㈱赤城商会  本社営業部まで声をかけてください。

(一社)水土の技術研究協会 WEBサイトはこちらですhttps://www.suido-tech.or.jp/

チラシA4(未来くるBOX) パンフレット1 パンフレット2 未来くるBOX タイプ別 

  • メディア情報
  • 2022.09.05

循環型・自己完結型トイレ「未来くるBOX」プレスリリース記事です

トイレ先進国日本の自己完結型トイレ「未来くるBOX」プレスリリースに関する記事抜粋しました。インフラ未整備地域や災害時においてもだれもが使いやすい水洗トイレ「未来くるBOX」。普段から利用できる水洗トイレでもあります。詳細はこちらになります。https://akagi-sk.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2022/07/43df8b77ae08f65baa8ace315c8b6996-scaled.jpg

プレスリリース一覧(全てではありません。共同通信社、朝日新聞デジタル、上毛新聞、週間エコノミスト)

https://www.kyodo.co.jp/pr/2022-08-31_3714421/

https://www.asahi.com/and/pressrelease/422203683/

https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/168257

https://prw.weekly-economist.com/releasedetail_202208305663

 

 

 

  • 新製品
  • 2021.01.12

小規模落石対策 SRフェンス施工完了しました。

安中市建設部土木課発注案件:市道9112号線 小規模落石対策SRフェンスの施工が完了しました。既存法面の表層堆積土の小規模崩落、小規模の落石が見られる現況におきまして、道路谷側が妙義湖となっていることから、観光用道路として地元住民以外の往来も頻繁にある市道上の採用事例です。

採用理由:道路幅も場所によっては狭くなっており、土のうでは耐候性がなく、幅広なため、維持管理が           日常的に必要になってきてしまい、また、木柵では強度と耐用年数が確認できない。そういった課題を、SRフェンスは解決できるということで、採用いただきました。今回の施工日数は約2日間。

製品のカタログはこちらからダウンロードできます。

https://akagi-sk.co.jp/catalog/download/srfence.pdf

もっと見るLoading...

Page top